高麗人参の副作用?

美容と健康、アンチエイジングに、高麗人参商品ランキング

高麗人参の副作用?

高麗人参で体調を崩してしまった・・・それは副作用ではなく好転作用かも

高麗人参は様々な効能・効果があるということは「高麗人参の効能」でも解説しました。これだけ多岐にわたる薬効をもっている高麗人参ですから、副作用もあるのではないか?と心配になるかもしれません。結論からいえば、高麗人参には直接的に副作用とよべるものはありません。副作用といわれている概念は一般的に「西洋医学」において考えられるものです。高麗人参はあくまで生薬であり、捉え方によっては食品でしかありませんから「副作用」と呼ばれるものはありません。

しかし、高麗人参の服用中、とくに服用を始めた初期段階において体調を崩したような症状を患うことがあります。

頭痛や眠気をはじめ、倦怠感やだるさ、便秘や下痢などの症状が発生することがあるのです。これらの症状には個人差がありますが、東洋医学における「好転反応(メンケン反応)」なので心配は無用です。

針や灸、カイロプラクティックなどの施術後にも同様の症状が発生することがあります。このメンケン反応は、症状が改善され始めたときに身体から毒素がぬける際の反応とも考えられており、長くても2週間程度すれば症状がおさまってくるでしょう。このメンケン反応の知識がない場合は、高麗人参の副作用と勘違いしてしまって服用を途中でやめてしまう方もいるようですが、むしろメンケン反応は「身体が回復し、正常な状態に戻ろうとしているシグナル」とも考えられるので高麗人参の服用は続けたいところです。

具体的な症状としては先述した頭痛などの症状の他にも、
・胃の痛みや不快感
・利尿作用
・むくみ
・肌のかゆみや発疹
・血圧の上下
・動悸
・風邪のようなクシャミや鼻水
などが挙げられるようです。

2週間以上経過しても症状がおさまらない場合は、かかりつけの医師に相談することをオススメします。また、お薬を服用している方は高麗人参の摂取の前にかならず医師に相談しましょう。高麗人参の成分がお薬の効果を引き下げてしまう可能性もあります。妊娠中・授乳中である場合も身体が非常にデリケートになっているので医師に相談してから服用の判断をしましょう。

人気ランキング
高麗人参の基礎知識
Copyright© 美容と健康、アンチエイジングに、高麗人参商品ランキング All Rights Reserved.